ラベル

2018年11月10日土曜日

【ルター研究所】秋の講演会「ルターから今を考える」


本日、11月10日はマルティン・ルターの誕生日です。
さて、ルーテル学院大学・日本ルーテル神学校のルター研究所が主催する講演会のご案内です。

日時:2018年11月18日(日)14:00〜16:00
会場:日本福音ルーテル大森教会(東京都大田区山王2-18-3)

講演:「宗教改革から500年後の人間の自由と不安と希望」
講演者:小田部進一先生(玉川大学教授)

レクチャーコンサート「神はわがやぐら」
レクチャー:加藤拓未さん 演奏:高橋のぞみさん

入場無料、申込不要

2018年11月5日月曜日

28総会期第2回常議員会開催


2018年11月5日、東京のルーテル市ヶ谷センターにおいて、当教会の第28総会期の第2回となる常議員会が始まりました。
冒頭に、日本聖公会管区事務所総主事であられる矢萩新一先生より、「日本聖公会におけるハラスメント防止・対策」についてお話しいただき、ハラスメントについて学んでいます。

日本聖公会が発行された『自分を愛するように―教会におけるハラスメントを防止するために』(2013年3月15日発行)の紹介もいただきました。
http://www.nskk.org/province/shiryo/jibun_aisuru.pdf

ドイツ・ブラウンシュヴァイク教会公式訪問


当教会とドイツ・福音ルーテル ブラウンシュヴァイク教会とのパートナーシップ50年の節目にあたり、当教会より大柴議長を始めとする14名が2018年10月25日から11月2日にわたる公式訪問を行いました。

これまでの交わりに感謝すると共に、ドイツでのディアコニア活動やその精神に学び、今後の当教会と関係法人におけるディアコニア活動の展開のための研修の機会ともなりました。

【社会委員会】脱原発社会のための推薦図書


脱原発社会のための推薦図書 
日本福音ルーテル教会社会委員会編 

「日本福音ルーテル教会は、...一刻も早く日本にある原発が廃止されることを...総会声明として 社会と教会に呼びかけます。...学びを含めて取り組みを開始していきます」、と謳った全国総会(2012年)での声明にもとづき、社会委員会(委員長:小泉基牧師)から推薦図書による学びを呼びかけます。

・『原発と宗教 未来世代への責任』富坂キリスト教センター編
・『核の戦後史 Q&Aで学ぶ原爆。原発・被ばくの真実』木村朗・高橋博子
・『福島・被曝安全神話のワナ』DAYS JAPAN 2018年8月号増刊号

印刷用PDFは以下URLより
https://drive.google.com/file/d/1jwu_lZ-cPmBST0w00EGL6YXGMUWaTwKb/view?usp=sharing


【西日本豪雨】呉市安浦町支援ツアーご案内


西日本豪雨災害での被災地である広島県呉市安浦町を巡り、訪問や買い物を通しての現地支援を行う応援ツアーが企画されました。
第5次 ルーテル・ボランティアとして、参加を募ります。(2018年11月6日改訂)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


西日本豪雨災害 呉市安浦町 応援ツアー 要綱
(第5次ルーテルボランティア)
                                   現地チーム
                          水原一郎/竹田大地/伊藤節彦

趣旨 西日本豪雨災害で顕著な被害を受けた被災地の一つ、呉市 安浦町を巡り、
   訪問や買い物を通した「現地応援」を行う。
範囲 全国女性会連盟会員/教会・施設関係者/お友だちの参加も可能
費用 参加費 2,000 (昼食代/同乗車両保険費用)
   自宅と「JR 東広島駅」の往復交通費及び買い物のための費用は別途必要。
   余剰参加費は全額、現地被災者支援(安浦町/広島教会)に充当します。
引率 水原一郎(西教区書記)、 竹田大地牧師、伊藤節彦牧師
人数 最小挙行人数2名、申し込み上限人数7
行程 10:30 JR 東広島駅集合 “大規模土砂崩落現場”を見学(馬木 IC)、安浦町へ。
   11:30 安浦町三津口 カキ養殖場 豪雨災害報告と買い物(廉価海産物)
       ※安浦は、伝統的な工法でのカキ養殖を手掛けています。
   12:30 安浦町中央「ヤマキしょうゆ蔵」 豪雨災害報告と買い物(醤油など)
       ※「ヤマキしょうゆ蔵」も被災しましたが、復旧しています。
   13:15 「豆ナ茶屋」食事と買い物(手作り雑貨) NPO 法人クレンド」
       ※「豆ナ茶屋」…就労支援施設B型 安浦町に法人本部があります。
        利用者の皆さまは、安浦町や近隣からの方々ということです。
   14:30 出発

   14:45 “大規模土砂崩落現場”(中畑)を通り JR 東広島駅
   15:00 解散  15:15発 岡山方面こだま・15:35発 広島方面こだま
ツアー引き受け可能日時
   水曜日、木曜日、金曜日(日程希望についてはご相談ください。)
申し込み/問い合わせ 水原一郎(JELC 西教区書記/we-serve-yasuura@jelc.or.jp

※このツアーでは、被災個人宅への訪問は行いません。片付け途上のためです。
 被災宅へのご協力は、別途「第4次ルーテルボランティア」にてご参加ください。
※豪雨災害報告は、各業者によるものに加えて、水原牧師(竹田大地牧師/伊藤節彦牧師)によるものも適宜、車中で行われます。
※安全には配慮しますが、基本的に“運動靴”“移動に相応しい服装”での参加を願います。
※行程変更しての「カキ料理」昼食プランも用意しています。ご相談ください。
8名以上の場合はご相談下さい。出来るだけ教会、団体単位の申し込みを願います。

※参加者のご希望に応じたプランを計画し、ご提案できます。お気軽にお問合せを。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
印刷用PDFは以下から
https://drive.google.com/open?id=1H_rA42jU3R6A-Rku1CDaBS-MsKn6xjC7

2018年11月1日木曜日

【西日本豪雨】2018年10月31日付西教区よりの報告


主のみ名をたたえます。

西日本豪雨災害における、呉市安浦町でのボランティア作業と今後の展望についてのお知らせです。

(1)前回の報告以降(その22/10月14日)の奉仕について報告します。
  作業日は10月19日と10月26日のいずれも金曜日でした。
19日は、水原牧師と伊藤牧師が主として「建具整備(解体)」、「今後の支援計画策定」に携わりました。
26日は、水原牧師と渡邉克博牧師(浜松/浜名教会)とその御伴侶が主として「引っ越し支援、泥上げ」に携わりました。
特に26日に作業をさせて頂いたのは、安浦町の復旧のために被災当初から外部作業をされている建設会社宅です。ご自宅の側溝掃除は手付かずだったので、お手伝いを申し出たところ、満面の笑みで受け入れてくださいました。臭いと質感から、四カ月前の泥でした。

(2)「現地チーム」(水原、竹田大地、伊藤節彦)牧師は、以下の表に基づいての作業を今後も行って行きます。

第一期
react」やりなおす…床下/側溝泥出し 秋の作業を予定
第二期
recover」塗りなおす…壁補修 冬の作業を予定
第三期
relight」再点灯…電灯補修工事 クリスマス前を予定
第四期
recollect」片付ける…引っ越し支援 初春の作業を予定
第五期
resurrection」再生…建具整備 イースター前を予定

(3)11月以降も、週一度程度ではありますが、安浦町への関わりを絶やさずに保って行きます。近隣の方々にもお声掛けをして、お話をお伺いする中で、必要作業などを伺って行きます。被災宅Tさんの近隣の方で、95歳の独居の方がこちらの作業風景を気にされているご様子でした。その方のお宅は、ボランティアの助力で生活環境は整備されています。お話をたとえ短時間でもお伺いするなど、今後への展開の可能性が示唆されました。

(4)安浦サテライト(くれ災害ボランティアセンター)は、今後の運営を、東日本大震災での気仙沼市および、熊本地震での宇城町で支援経験のあるボランティア団体(任意団体)に委託する方針ということが確認出来ています。ボランティア受け入れは土日限定になっています

(5)以上の経緯の中で、「現地チーム」では、今後も平日にボランティアを受け入れ、主として安浦町内海北地区を拠点とし、作業と傾聴活動(「傾聴」というには短時間過ぎますので、短時間の問安活動)をしていきたいと思います。
また、安浦町内に拠点がある「NPO法人(高齢者/障がい者/児童)」関連施設とも接触を図ることを考えています。各方面からの交通の便に対応する用意はありますし、シオン教会徳山礼拝所は宿泊にも対応しています。お差し支えない範囲内で、教会の皆さまにご紹介ください。

(6)10月後半の記録をまとめております。こちらもお差し支えない範囲内で、教会の皆さまにご紹介ください。上記の活動は、全国、海外からの連帯献金によって行われています。教会、諸施設からのお捧げに感謝しております。

https://drive.google.com/file/d/1dzBG6tlCvCMGVqV9u7hD5KD_suihDSKh/view?usp=sharing

(7)11月は当面、11月2日()11月9日()11月16日()に作業を予定しております。11月後半の活動と展望については、中旬ごろにまたご連絡を差し上げます。

今後とも、お祈りの一つに加えて頂ければ幸いです。