ラベル

2020年4月1日水曜日

日本福音ルーテル教会第29回定期総会について(続報)


日本福音ルーテル教会第29回定期総会は、2020年9月21日(月)午後1時〜9月22日(火)午後3時半の日程で「ルーテル学院大学」を会場に開催します。
また全国教師会総会は、9月22日(火)午後4時〜7時(未定)、同じく「ルーテル学院大学」で開催されます。
学内の予定を変更し、大学の利用をご許可頂いた、ルーテル学院大学に心から感謝申し上げます。

2020年3月28日土曜日

議長談話(2020年3月26日付け)が出されました

2020年3月26日
議長談話
総会議長 大柴 譲治

東京都の記者会見を受けて

主のみ名を讃美いたします。
新型コロナウイルスで命を落とされた方、また病と闘っている方々、そしてそれを支える医療従事者、関係者の方々のために心からお祈り申し上げます。
昨日、東京都が記者会見を行い、東京都内のコロナウイルスの急激な感染者増を受けて、東京都としての対策が発表されました。それ以前に既に都知事は「首都封鎖」の可能性に言及しています。
東京都という地域における対策ではありますが、今後、このような事態が全国に拡大する恐れがあることから、日本福音ルーテル教会としては以下を確認しておきます。

1、 日本福音ルーテル教会は、コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている状況の中で、何よりも「すべての命(いのち)」を守ることを最優先にして事柄に対処してゆきます。
2、 「すべての命(いのち)」を守ると言う時、それは会員のみならず、地域社会を含む「すべての命(いのち)」を守るということを意味します。
3、 そのためにも私たちは、知恵を尽くし、心を尽くし、祈りを尽くし、力を合わせて神の御心の実現を求めてゆかなければなりません。

この観点から各教会、各教区が、事態への対応を判断する上で危急と思われる事柄について確認しておきます。

(1) 日本福音ルーテル教会は、神の御言に聽く「神奉仕としての礼拝」を大切にしてきました。しかしルター自身は、『ガラテヤ書大講解』や『大教理問答』の中で、これを律法的に理解することは戒めています。「主の日」も「礼拝」も、時と場所を限定するものではありません。注意深く言う必要があるでしょうが、私たちはそれを律法的に「不要不急なもの」であるとは理解していません。「すべての命(いのち)」を守る観点から私たちは、状況に柔軟に対処し、譲ることができるところは譲ってゆく賢明さを持っています。よって今後、感染拡大が見込まれる地域では、「礼拝」の公開の中止を積極的に選択することが求められるべきと考えます。オンラインという非公開のかたちで礼拝を守り続けることができる教会は、ぜひそれを実施し続けて下さい。

(2) 現時点では、「葬儀」については、参列される方の居住地や規模などを勘案し、細心の注意を払いながら行う方向で考えています。葬儀社の協力のもと、時期をずらすことが可能であるならば、それも検討されるべきでありましょう。

今後、東京都のみならず地域ごと、あるいは時期によって、細やかな対応と判断を各教会、各教区は求められることになります。礼拝を行うにせよ、一時中止するにせよ、それぞれの「すべての命(いのち)」 を守る判断を支持いたします。ご一緒に祈りを合わせてまいりましょう。

皆さまの上に、神さまからの守りと支え、そして祝福とをお祈りしています。 シャローム。

 
PDFはこちらからご覧ください。

2020年3月21日土曜日

日本福音ルーテル教会第29回定期総会は9/21-22に延期となりました


202042951日開催予定であった「第29回定期総会」を、新型コロナウイルス感染拡大に伴い202092122日(月〜火・祝)に延期いたします。(日程も12日での開催といたします。)
会場は現在交渉中ですが、東京(未定)で開催します。(41日には確定する予定です。)
また定期総会の延期に伴い、9月開催予定であった宣教会議は中止します。

なお922日(火)に開催予定であったルーテル学院大学の「一日神学校」は、ルーテル学院大学のご配慮を得て、2020113日(火・祝)に延期され開催される予定です。この件についてはルーテル学院大学からのご連絡をお待ちください。

2020年3月15日日曜日

日本福音ルーテル教会2020年教職授任按手式ライブ配信のご案内

日本福音ルーテル教会に与えられる新たな牧師の誕生の礼拝です。
総会議長の大柴譲治牧師により、按手の司式と説教がなされます。
授按者は、森下真帆さんです。

日本福音ルーテル教会のFacebookページにおいて、ライブ配信を行う予定です。

当初予定されていたルーテル東京教会より、博多教会に変更し、12時15分より13時の予定で開催いたします。
なお九州教区総会に続いて行われるため、開始時刻に多少の変動があるかもしれないことをご理解ください。

2020年3月13日金曜日

LWFから挨拶状とCOVID19撲滅の連祷

COVID-19が世界的流行の様相を呈する中、ルーテル世界連盟(Lutheran World Federation)から所属教会宛に挨拶状とCOVID19撲滅の連祷が届きました。
すでにWHOよりパンデミックが宣言されている状況の中で、世界の教会と祈りを一つにしていきたいと思います。


2020年2月20日木曜日

第27回春の全国ティーンズキャンプ中止のお知らせ

第27回春の全国ティーンズキャンプ中止のお知らせについては、JELC-TNGブログをご覧ください。

新型コロナウイルスに対する「注意喚起」


日本福音ルーテル教会
各教会・教職各位

主のみ名を讃美いたします。
第28期第6回日本福音ルーテル教会常議員会(2020年2月18日)において、この件について討議をした結果、以下のことを心に留めて頂くことを確認いたしました。すでに各教会でも、取り組みが進んでいることと思いますが、ご確認頂けますと幸いです。

今回の感染につきまして不確かな情報に基づいて、いたずらに不安をあおるようなことは断じて避けなければなりません。よって現段階では、何よりも手洗い、うがいの励行、またアルコール消毒、マスク等で自分が感染しないことが重要であることを確認します。

しかしワクチンもなく、完全に感染を防ぐ方法がない状況の中で、不安を抱くことも当然のことと考えます。礼拝に集う方の中に、そのような不安を抱く方がおられるということを前提に、事柄の判断が行われる必要があります。

1 飛沫感染予防・ウイルス拡散を防ぐためマスクの着用と、こまめな手洗い、うがいの励行、アルコール消毒ができる体制を整えてください。

2 体調不良がすぐれない方はもちろんですが、外出に不安を持たれる方も、無理をせず礼拝への参加を自粛ください。また咳、発熱、呼吸困難の場合や、37度以上の発熱など、風邪の症状がある時は当面の間、礼拝への出席はお控え下さるようお願いいたします。

3 洗礼の想起のために礼拝堂の前に水がめ等の設置をしている教会は、使用を控えてください。

4 平和の挨拶を取り入れている教会については、握手など直接接触は避けるようにお願いします。

5 礼拝中、聖餐時のマスク着用は構いません また聖書朗読者やアコライトなどの礼拝奉仕に携わる方がたも同様、マスク着用は構いません。

6   司式者はじめ聖餐配餐を扱う方がたは、式前・式中の入念な手洗いをお願いいたします。またルーテル教会の理解では、説教も聖餐も「神の言葉」であることを踏まえ、聖餐式の執行に不安を覚える場合、これを無理に執行する必要はないと考えます。

7 牧師(司式者)に体調不良や、発熱などが生じた場合には、礼拝執行を自粛するようお願いいたします。なお、その際にはオルガンを用いての式文の使用を無理に行ず、式文を交読するなど信徒の方に司式をお任せください。説教は代読等をご検討ください。

8 海外への渡航について制限するものではありませんが、渡航後は細心の注意を払い、保健所等の活用など対応ください。

今後も推移を見守りますが、行政から具体的に集会自粛要請があった場合はそれに従い、対応を定めてまいります。
なお3月24 〜26日のTNGの春の全国Teensキャンプ2020は中止することとしました。ご理解、ご了解をお願い申し上げます。

尊い命を失った方々の魂の平安、感染した方々の回復と感染の収束を切に祈ります。

2020年2月18日
日本福音ルーテル教会常議員会