ラベル

2019年10月5日土曜日

【声明】天皇代替わり儀式に関する抗議と要望

20196月に行われた日本福音ルーテル教会常議員会において、天皇の代替わりについての社会委員会の見解を承認し、1022日の儀式の前に、日本福音ルーテル教会常議員会としてその抗議と要望について声明を出すことを確認しました。これを受け、このたび下記の内容で声明を発表いたしました。


2019年10月4日
天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う式典委員会委員長
内閣総理大臣 安倍晋三様
日本福音ルーテル教会 常議員会

天皇代替わり儀式に関する抗議と要望

わたしたち日本福音ルーテル教会は、先般行われた天皇代替わり儀式のうち、「退位礼正殿の儀」、「剣璽等承継の儀」、「即位後朝見の儀」等が、国民主権・平和主義という日本国憲法の理念に反する形で行われたことに抗議をいたします。
それは、これらの儀式が、天皇を絶対的な主権者とした国家神道時代の旧皇室典範・登極令に則したものであること。「退位礼正殿の儀」、「剣璽等承継の儀」において用いられた「三種の神器」は、天照大神から伝わるとされる神道神話にもとづく宗教的祭具であり、これらを用いた儀式を国事行為として行うことは、憲法 20 条の「国及びその機関は、 宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」という政教分離原則に違反すること。「即位後朝見の儀」が、臣下が天子に拝謁することを意味する「朝見」という形式を とっていること。これらの儀式に公費が用いられたことは、宗教上の組織に対する公金支出の禁止を定めた憲法 89 条に違反するからです。
また、わたしたちは、すでに政府が次第概要を定めている「即位礼正殿の儀」、「大嘗祭」が、同様の理由から憲法に違反する計画となっていることに抗議をいたします。天皇 神話に基づくとされる「高御座」に座する天皇を、三権の長をはじめ都道府県知事等が拝することになる「即位礼正殿の儀」は、国民主権の精神をないがしろにしています。こうした宗教行事を国事行為として行うことは、「何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行 事に参加することを強制されない」ことを定めた憲法 20 条に違反するものであり、国民に 対して「祝意」が強制されることがあってはなりません。また、神と天皇が食事と寝床を共にし、永遠性を帯びた天皇霊を継承するとされてきた「大嘗祭」に、「公的な性格がある」と認めて国費を用いることは、憲法の政教分離原則に違反するだけでなく、かつて大日本帝国が、国家神道によって国民を統合し、天皇を頂点とするアジア支配を目指して行った侵略戦争を正当化する危険すらはらんでいます。
わたしたち日本福音ルーテル教会は、第二次世界大戦を含め十五年戦争のあいだ、「神のみを神とする十戒の第一戒を守り抜くことができず、また平和を実現するようにとの主の戒めを生きることが」出来なかった(「日本福音ルーテル教会宣教百年信仰宣言」1993)ことへの反省の上に立ち、上記のような天皇代替わり儀式の有り様に強く抗議するとともに、「大嘗祭」をはじめとする神道儀式を含んだ天皇代替わり儀式への公費支出の中止と、国の関与の取りやめを要請いたします。

https://drive.google.com/file/d/1cTf2V5Pkv417KyKGcKIRzud9Nlef7SeF/view?usp=sharing

2019年9月25日水曜日

教会手帳2020年のご案内

2020年用の教会手帳が10月より発売されます。

2019年12月より改訂共通聖書日課(A年)が記載されています。
また全国のルーテル教会と関係法人の住所録が付属しています。

1冊 1,100円

お求めは以下のキリスト教書店までお問い合わせください。

・北海道キリスト教書店 TEL 011-737-1721

・いのちのことば社オアシス新宿西口店(総合窓口) TEL 03-6855-8811

・静岡聖文舎 TEL 054-260-6644
 
・名古屋聖文舎 TEL 052-741-2416
 
・広島聖文舎 TEL 082-208-0022

・キリスト教書店ハレルヤ TEL 096-372-3503

もしくは下記、日本福音ルーテル教会事務局までお問い合わせください。
162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町1-1 TEL 03-3260-8631/FAX 03-3260-8641


2019年8月23日金曜日

第13回るうてる法人会連合総会が開催されました

前日から行われていたルーテル社会福祉協会総会に引き続き、第13回るうてる法人会連合総会が東京・三鷹市のルーテル学院大学を会場として「ルーテルを語ろう」を主題として開かれました。

るうてる法人会連合は日本福音ルーテル教会関連の教会・諸施設が「聖書の示すところにたちかえり、主が私達を通してなされる宣教のわざを、この世界全体に向けられたものとして総合的に捉え直し、福音的信仰に立ち、伝道(宗教法人)、教育(学校法人)、奉仕(社会福祉法人)のわざに招かれた「宣教共同体」として総力を結集して新たなる宣教の展開へと向かう」ことを目指し、2002年に発足した組織です。

1日目である8/22(木)は大柴譲治牧師(日本福音ルーテル大阪教会牧師・日本福音ルーテル教会総会議長)の司式・説教による開会礼拝、宮本新牧師(日本ルーテル神学校専任講師)による基調講演、信徒の活動として山谷(「ほしくずの会」)と渋谷(「ちかちゅう給食」)での野宿者支援活動や東京老人ホームボランティア活動について、また日本ルーテル社団(JELA)でのSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みの報告に続いて、講演と報告を受けて6-7名づつ12のグループに別れて話合いの時が持たれました。その後、懇親会が行われました。

開会礼拝
基調講演

2日目の8/23(金)には小勝奈保子牧師による朝の祈りで始まった後、1日目に行われたグループ別の話合いの内容について共有され、まとめとして講師の宮本牧師による応答がなされました。
続いて総会が行われました。教会(宗教法人・法人会連合事務局)、学校法人、社会福祉協会、幼保連合会のそれぞれの活動と現況の報告があり、会計報告とこれからの「るうてる法人会連合」の展開について協議されました。また次回の法人会連合は研修会として2020年8月25-26日に九州・熊本での開催の予定で、今後準備が進められてゆくこととなりました。
最後に永吉秀人牧師(日本福音ルーテル蒲田教会牧師・日本福音ルーテル教会総会副議長)の司式・説教による閉会礼拝で締めくくられました。

2019年8月21日水曜日

ルーテル改定式文MIDI音源データの紹介

式文委員会より、ルーテル改定式文の4種類のメロディについてMIDI音源データが提供されました。
下記リンク先をご参照ください。

ルーテル改定式文MIDI音源データ

なお、上記の音源データの使用は個人および各教会での使用に限定されます。
それ以外のケースでの利用の場合は、事前に日本福音ルーテル教会事務局まで必ずご相談ください。

「<日本・在日教会共同声明> 私たちは日本の歴史責任を直視し、 韓国のキリスト者・市民社会と建設的対話を続ける」に社会委員会として賛同しました

日本国内のエキュメニカルなキリスト教諸教派・諸団体が加盟する「外国人住民基本法制定を求める全国キリスト教連絡協議会」(外キ協)より、2019年8月15日に際して「<日本・在日教会共同声明> 私たちは日本の歴史責任を直視し、 韓国のキリスト者・市民社会と建設的対話を続ける」が出され、日本福音ルーテル教会社会委員会としてこの声明に賛同いたしました。

この声明は、「これまで私たち日本にあるキリスト諸教会・団体は、韓国の諸教会・キリスト者と交流し、さまざまな共同プログラムを実施してきた。近年では日・韓・在日教会の青年たちが出会い、時には激論し、学び合う関係が作られてきた。また日本のキリスト教学校では、韓国のキリスト教学校との相互訪問を通して、生徒間の出会いと交流、率直かつ真摯な対話を重ねてきた。ところが今、それが延期され中断される事態となっている。私たち日本にあるキリスト教会とキリスト者は、このような事態に対して深い憂慮を覚え、私たちの考えと共通の願いを、ここに表明する」ものとして、「私たち日本にあるキリスト教会とキリスト者は、韓国の諸教会・キリスト者との共同の取り組みを、さらに進めていく。なぜなら、国家間の葛藤と対立を克服していくには、日本と韓国の市民社会間のさまざまな出会いと、建設的対話の積み重ねが必要である、と確信するからである」(以上、声明本文より引用)ことを、教会の使命としての平和の実現を祈り求めるに際して、日本にあるキリスト教諸教会・諸団体が共に憶えるためのものです。

声明の全文については、上記リンク先をご覧ください。

2019年8月16日金曜日

障がいをもつ人に対する『ルターの差別発言』に関する 日本福音ルーテル教会西教区の見解



(以下、上記リンクより引用)
日本福音ルーテル教会は、「障がいをもつ人は、生きるに値しないので、殺した方が良い」、あるいは、「障がいをもつ人は、不幸せなので、生れて来ない方が良い」という考え方に、徹頭徹尾反対します。そして私たちは、「障がいをもつ人も、障がいをもたない人も、神の目に価高く、貴い」ということを信じるキリスト者として、すべての人が共に暮せる、優しい社会の実現に、多くの人たちと力を合わせて努めます。

ということが確認されました。
見解の全文はリンク先より御確認ください。


2019年7月10日水曜日

るうてる法人会連合 第13回総会開催のご案内

2019年6月14日
るうてる法人会連合関係各位

るうてる法人会連合   
代表 大 柴 譲 治
事務局長 滝田浩之

「るうてる法人会連合 第13回総会」開催のご案内

主のみ名を讃美いたします。
2002年に、熊本に集められた教会、社会福祉、学校の働きを託された人々は、討議をして、「るうてる法人会連合設立宣言」を採択しました。これが第1回の連合会総会です。
ここで、総力を結集して新たなる宣教の展開へと向かうことを決議して歩んできた一道は、本年「るうてる法人会連合第13回総会」とまで歩みを重ねてまいりました。
この時に、福音宣教を共に進めてまいりました諸氏が、豊かな未来に向けて歩み続けるために、主のみ前に集まりたく、準備を進めてまいります。
皆様のご出席により、有益な時間となるものと存じますので、是非、ご出席を賜りたく、ご案内を申し上げます。
在 主
日  時 2019年8月22日(木)〜23日(金)
会  場 ルーテル学院大学
     181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-20 電話 : 0422-31-4611  FAX : 0422-33-6405
主  題 「ルーテルを語ろう」 基調講演講師:宮本 新牧師
正会員登録費 ¥2,000(参加費を含む)
正会員以外の参加費 ¥1,000
懇 親 会 費 ¥5,000
参加お申込み期限 2019年7月26日(金)
お申込先  るうてる法人会連合事務局(日本福音ルーテル教会事務局)
      162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町1-1
      電話:03-3260-8631 Fax:03-3260-8641

○宿泊並びに旅費については、各自で手配を行っていただきますので、予め、各所属機関との調整をお願いいたします。
○ご不明な点は、「るうてる法人会連合」事務局となっております「日本福音ルーテル教会事務局」03-3260-8631までお問い合わせください。