ラベル

2020年5月16日土曜日

日本福音ルーテル教会社会委員会より抗議の見解「検察庁法改正案に抗議します」が出されました

国会で現在審議中の「検察庁法改正案」に対し、日本福音ルーテル教会社会委員会による抗議の見解が出されましたのでご紹介いたします。


2020年5月14日
検察庁法改正案に抗議します
内閣総理大臣 安倍晋三様
〒 162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町 1-1
日本福音ルーテル教会社会委員会
委員長 小泉 基

今国会で審議が進められている「国家公務員法等の一部を改正する法律案」における検察庁法改正は、検事長らの定年延長に内閣が恣意的に関与しうることを通して検察組織の独自性と中立性を危うくするものであり、憲法の基本原理である三権分立を犯すものとして容認することは出来ません。わたしたちはこの法案に反対し、抗議するとともに、同趣旨により黒川弘務東京高等検察庁検事長の定年延長を決定した本年1月31日の閣議決定の撤回を求めます。
-以上


PDFはこちら

2020年5月15日金曜日

礼拝再開に際しての注意事項について

5月14日付けで39県の新型コロナウィルスに対する緊急事態宣言が解除され、諸活動の自粛についても地域毎に段階的に見直してゆくことが検討されることとなりました。
これを受けて、緊急事態宣言が解除された地域では礼拝堂に集まっての礼拝再開が検討されていくものと思います。

日本福音ルーテル教会では、既に5月6日付けで礼拝再開に際しての注意事項に関する議長談話を各牧師・教会宛にお伝えしております。以下にその要旨を再掲いたします

<礼拝再開に際しての注意事項(要旨)>

礼拝の再開時期や実施方法については、各教会毎に違いがでることは当然です。従って、一律な対応を求めるのではなく、再開に際しては以下のような準備が肝要であるという共通の認識を確認できればと考えます。
なお都道府県を超えての移動(説教応援を含む)については、引き続き自粛することが適当であると考えます。

【1】今後も引き続き注意する必要がある事柄
 1)人と人との物理的な距離(フィジカルディスタンス)を、2mを目安として空けること
 2)人と人が集まる場合は、換気を徹底した上でマスクを着用すること
 3)手洗いを 30 秒程度行うこと、また複数の人の手が触れる場所についてはこまめに消毒すること

【2】具体的に検討しておく必要がある事柄
 1)会堂における着席の位置を工夫すること
   ●会堂の状況もあり一律には対応できずとも、前後左右に2メートルの間隔を置くことが望ましい
   ●換気の徹底・マスク着用の徹底
   ●上を実現するために必要であれば礼拝人数の制限、複数回の礼拝
    (屋内での一定人数以下のイベントは特定警戒都道府県以外では了とされる方向ですが、人数に関わらず、上の対策を取ることが重要と思われます)
 2)来られた方の体温の確認、手洗いを徹底すること、複数の人が触れる場所については消毒をこまめに行う こと(ドアノブ、トイレ、会堂の椅子、スリッパ、備付聖書・讃美歌・式文)

【3】具体的な礼拝のあり方として検討すべき点
 1)式文・讃美歌は歌わずに唱えるという選択
   ●着席の距離が十分に確保できる場合には、マスク着用の上、口ずさむ程度にする、という選択肢も考えられます。
 2)礼拝時間の短縮(備付聖書等の消毒に加えて、参加者個々にその日の式文を作成する工夫も要検討)
 3)聖餐式は可能な限り行わないようにし、行う場合は配餐者・陪餐者ともに感染防止対策を実施
 4)礼拝後の愛餐会等は中止を継続

※礼拝を再開する上で重要なことは、「このような対策を打った上で、教会(礼拝堂)での礼拝を再開します」という情報発信にあると考えます。
※礼拝に参加されることを不安に思う方については、無理に礼拝に参加する必要がないことを周知してください。また家庭礼拝の勧めやネット礼拝等の対応も引き続き検討が必要です。

2020年5月2日土曜日

議長談話(2020年5月2日付け)が出されました

2020年5月2日
議長談話(緊急事態宣言延長の報を受けて)
日本福音ルーテル教会 総会議長 大柴 譲治

日本福音ルーテル教会に関わる信徒と教職の皆さま

復活の主は弟子たちに「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」と約束されました(マタイ 28:20)。 それはいついかなる時も、どこにおいても「天、共に在り」(インマヌエル)という約束です。COVID-19 の世界 的な感染拡大という緊急事態の中にあっても、この復活の主の確かな声が響いています。どうか、私たちの牧者 である主が私たち一人ひとりを守り、みどりの牧場、いこいの水際、正しい道に導いてくださいますように。
いのちの危機に直面する中で私たちは今、自身の無力さや弱さ、限界というものを深く自覚させられています。 恐れやおののき、不安や混乱の中にある方もおられましょう。このような事態はいつまで続くのでしょうか。い つまで耐えなければならないのでしょうか。そのような先の見えない長いトンネルの中にあっても私たちは、「わ が恵み、汝に足れり」と告げてくださるキリストの御声に拠り頼みたいのです (2コリント12:9)。
緊急事態宣言の延長が来週にも確定される予想です。イースター以降、多くの教会では礼拝堂での集会を自粛 されていることと思います。一つに集まることの大切さを身に沁みて感じます。聖霊降臨の出来事は皆が一つに 集まって祈っている時に起こりました。ボンヘッファーの「キリスト者の交わりは自明なことではない」(『共に 生きる生活』)という言葉を思い起こします。詩編 133 もこう歌っています。「見よ、兄弟が共に座っている。な んという恵み、なんという喜び」。しかし、私は議長として今、改めて可能な限り家にとどまるように呼びかけ させていただきます。物理的距離と霊的な距離は異なります。動かずにいることをいのちを守るための積極的な 行為として、聖書と祈りに集中してゆくための「外的奉仕のための内的集中」の行為として位置づけたいのです。
インターネットを通して新しい「つながり」と「コミュニケーション」を求めて様々な試みがなされています。 「ウェブ会議」のみならず、歌やパフォーマンス、楽器演奏によるコラボレーション、さらには「オンライン飲 み会」まであります。このような状況の中でしか生み出すことのできない想像力を働かせた新しい領域が創造さ れてきている。人間の持つ可能性の豊かさを覚えます。私たちもまた、しぶとくしなやかに、諦めずに信仰生活 を豊かなものとしてゆきたいのです。サブリミナル効果でしょうか、私の中では幼い頃に聴いた「だけど僕らは くじけない。泣くのは嫌だ、笑っちゃえ!」(『ひょっこりひょうたん島』)という歌声がいつも響いています。
苦しみや悲しみを背負わされている方々のために主の守りと支えとをお祈りします。また、いのちを守るため に献身しておられる医療従事者と福祉従事者のために励ましと力とを祈ります。そして、病床にある方々に、ま たそのご家族の上に、私たちを通して、神さまのみ手が差し伸べられますように慰めを祈ります。困難の中にあ っても神が私たちをそのあわれみの器として用い、支え、助け、互いに多様性を尊重し、連帯しつつ一致を求め てゆくことができるよう祈ります。一つに集まることができない時にも、私たちは復活の主を中心とする「一つ の霊的なからだ」です。自宅で独り祈る礼拝もまた「公同の礼拝」につながっています。
緊急事態宣言が継続している間は、引き続き礼拝堂での集会については自粛することが望ましいと判断します。 解除後も状況を見極めてゆく必要があります。地域によっても異なるでしょうが、今後も可能な限り慎重に判断 してゆきます。いずれにせよ当面の間は現状を維持し、「三つの密」を避け、各自で責任ある行動を取っていただ きたいのです。その後の方向性については、緊急事態宣言が解除される前に、皆さまにお知らせします。
あわれみ深い神が、すべての人を守ってくださいますように。ただ神の御心がこの地上で成りますように。

2020年4月23日木曜日

TNG‐ユース部門第2回リーダー研修キャンプ中止のご案内

新型コロナウイルスの影響が全世界で猛威を振るっている中で、今後の状況については未だ見通しがつかないでおります。
そのような中、今後の状況を鑑みつつ中止を含む条件付きでの開催として第2回リーダー研修キャンプの案内を過日各教会にお送りいたしましたところ、この状況下での開催についてご意見をいただきました。
これを受けて、事務局長・宣教室長・TNG部門長・Youth部門担当者で協議し、今年度の開催を中止することといたしました。

次週各教会に届けられる予定の機関紙「るうてる」5月号には、印刷工程の都合上第2回リーダー研修の案内が掲載されておりますが、上記の通り今年度は中止として各教会においてご周知頂けましたら幸いです。

2020年4月11日土曜日

議長からの「牧会書簡」(2020年4月11日付け)と家庭での主日礼拝のための資料

4月9日付けの議長談話において、感染拡大地域にある各教会の「公開の礼拝の自粛」をお願いしておりますが、このことを踏まえて議長から各教会宛ての「牧会書簡」が出されました。
またJELC式文委員の松本義宣牧師にお願いし、家庭での主日礼拝の文案(MS-Wordファイル)を作成いたしましたのでご利用ください。
各教会で、み言葉が分かち合われること、そこに魂の配慮があることを信じて、共にこの時を大切に過ごしていきたいと願います。


2020年4月11日 聖土曜日の夕に
牧会書簡
日本福音ルーテル教会
総会議長 大柴 譲治
教職、信徒のみなさま

イースターおめでとうございます。

日本福音ルーテル教会の総会議長として、これまでいくつかの「注意喚起」や「議長談話」をお送りしてきました。各教会が誠実に対応してくださっていることを感謝いたします。

一連の出来事の中において、様々な声を「聴く」ことから改めて教えられることは、日本福音ルーテル教会は聖書のみ言葉の上に立つ教会であるということです。日本福音ルーテル教会に属する信徒と教職は、誰一人として礼拝を律法的な義務としては理解していないということです。それは第一義的に「神による奉仕」です。むしろ私たちは、日々、喜んで礼拝に集う群れであるが故に、今、この誰も経験したことのない状況の中で、すべての者がもがき、苦しんでいます。理性ではこの事態において適切な対応をしたいと願いつつ、信仰においてはこれでいいのだろうかという迷いを抱えています。時が経つことの中で、神によって明らかとなることでしょう。

この時に、ルターが1527年にヨーロッパ全土に感染が拡大したペストの猛威がヴィッテンベルグを襲った時の対応は私たちに大切な示唆を与えてくれます。ルターはフリードリヒ選帝侯の町からの避難の命令を拒否して、病人のケアのために残ります。この時に『死の災禍から逃れるべきか』という文章を残しています(キリスト教新聞2020.04.11発行 吉田隆氏の翻訳から引用)。
この手紙の要点は以下の通りです。
(1)困難な時にこそ神の召しに忠実であれ
ルターはまず、牧師たちに、命の危険にさらされている時こそ、牧師を含む他者に仕える召しのある者は、持ち場を離れるべきではないと戒めています。「人々が死んでいく時に最も必要とするのは、御言葉と聖礼典によって強く慰め、信仰によって死に打ち勝たせる霊的奉仕だからである」とルターは語ります。
(2)不必要なリスクを避けよ
他方においてルターは、死の危険や災禍に対してあまりにも拙速かつ向こう見ずな危険を冒すことにつても戒めています。それは神を信頼することではなく、試みることである。むしろ理性を用いて、次のことを考えよと語ります。「私はまず神がお守りくださるようにと祈る。そうして後、私は消毒をし、空気を入れ替え、薬を用意し、それを用いる。行く必要のない場所や人を避けて、自ら感染したり他者に移さないようにする。私の不注意で、彼らの死を招かないためである」。

私たちは使徒信条において「聖なる公同の教会を信ず」と告白していること感謝します。一人自宅で礼拝を守っていても、それは天地を貫く「公同の教会」につながる主の日の礼拝です。日本福音ルーテル教会は127年の歴史の中で、この礼拝の公同性/共同性を大切にしてきました。ルターが一人で祈る時も世界の教会が共に祈っていることを忘れてはならないと語る通り、礼拝に集うことの喜びを確認しつつ、「日々の悔い改め」の中にある「公同の礼拝」、「霊とまこととをもってなす礼拝」こそ、神さまが求めておられる礼拝であることを改めて心に留め、祈りつつ、共にこの危急の「時」を乗り超えてゆきたいと願っています。皆さまに平安をお祈りします。

PDFはこちらから

家庭での主日礼拝の文案(MS-Wordファイル)はこちらから

ブラウンシュヴァイク領邦教会よりイースターのメッセージが届けられました


日本福音ルーテル教会とパートナー関係にある、ドイツ・ブラウンシュヴァイク領邦教会(Evangelisch-lutherische Landeskirche in Braunschweig)のマインス監督(Landesbischof Dr. Christoph Meyns)より、イースターのメッセージが届けられました。
以下、紹介いたします。

ーー

日本福音ルーテル教会
大柴譲治総会議長
                                                                2020年4月3日

大柴先生
キリストにある日本の兄弟姉妹の皆様


コロナウイルスの危機が世界を席巻しています。
日本の方々がどうしていらっしゃるのかと、報道を見聞きしながら思い巡らしております。経済の崩壊をほのめかす数値や政府による数十兆円の緊急支援といった話題が聞こえてきました。また桜の花が満開となり、それを楽しみに多くの日本の方々が公園など野外でお花見するはずのところを、接触を避けるように言われていることも耳にしました。オリンピックまでもが2021年に延期になってしまいました。

日本福音ルーテル教会には関連の社会福祉施設が数多くあることを知っていますが、とりわけ医師や看護師、療法士といった医療に従事しておられる方々のことを覚えます。また以前、我々のほうから訪問させていただいた高齢者施設に関する報告を聞きましたが、そこの居住者の方々に特に思いを寄せています。そして教会付属幼稚園、保育園を覚えます。

私たちの思いと祈りが、日本社会のこと、日本福音ルーテル教会のこと、そして各地で信仰的な働きを通してイエス・キリストを証しておられる方々とともにあることを教会の皆さんにもお知らせください。今回の深刻な危機に対して私たちも同じ思いであって、皆さんとひとつだということをはっきり申し上げます。そちらがどんな様子なのかどうかお知らせください。日本のこと、日本福音ルーテル教会全体のこと、各地の教会のことなどがわかれば、こちらでも祈りに覚えていきます。互いに経験を分かち合いましょう。とりわけ今はそうですね。

こちらでも非常事態が起きていることを隠すつもりはありません。互いに近づくことが禁じられているので、外出は、どうしても買い物しなくてはならない場合や医師の診断、仕事、運動するためでなければ、ひとりもしくは家族、夫婦同伴に限られています。多くの企業は休業が義務づけられました。たとえばレストランがそうです。その他の会社も自主的に閉めています。社会封鎖の状態ですが、こうなることを想定して政府が拠出を決めた数十億ユーロの経済支援は助かります。神様に感謝したいです。

私たちの教会も各地の現場も大きな影響を受けています。特に礼拝や各地の日常生活がそうです。条例により2020年4月19日まで集会が禁じられており、礼拝も教会のあらゆるイベントもこの日までできません。直接友人たちと会うことができないだけでなく、ことに今回の危機で聖週間やイースターの礼拝ができなくなったのはとてもつらいことです。

それにもかかわらず、各地の牧師たちや教会の皆さんはインスタグラムやユーチューブといったデジタル手法を積極的に取り入れて様々な工夫をしています。オンライン説教も増えています。特に最近は高齢者への支援で、教会が買い物のお手伝いをするようなサービスも出てきました。

どんな危機のときにも、そこにはチャンスもあります。そのことを認識しつつ、イエス・キリストの心で危機をしのぎ、そこから学び、祈りつつ希望をつないでいきたいと思っています。ですから皆さんにも祈っていただきたく思います。コロナウイルスが世界で一刻も早く封じ込められ、ワクチンなど治療薬が速やかにできますように共に祈りましょう。今回の危機が人々の心を遠ざけてしまうのではなく、平和へと歩みよれるように祈りましょう。

聖週間とイースターに平和がありますように。

クリストフ・マインス
ブラウンシュヴァイク領邦教会監督

2020年4月9日木曜日

議長談話(2020年4月9日付け)が出されました

2020年4月9日 聖木曜日に
議長談話(2020.04.09)
総会議長 大柴 譲治

緊急事態宣言発令を受けて

主のみ名を讃美いたします。
既に報道機関を通して伝えられていますように、政府による「緊急事態宣言」が東京、千葉、埼玉、神 奈川、大阪、兵庫、福岡に発令されました。これらの地域は感染症緊急特定地域に指定されたことになり ます。また今後、この地域は拡大していくことも予想されます。

これまでも日本福音ルーテル教会は、「すべての命(いのち)守る」ことを第一優先で対応することを確認してまいりました。そこでこのたびは、指定された地域、この地域に隣接する都道府県、また近日中に指定地域として発令される見込みの強い地域において、少なくとも5月6日まで主日礼拝、集会等を自粛することを強く要請いたします。
また感染拡大地域への移動、感染拡大地域からの移動についても、特に牧師は担当されている教会の安全性を守る観点から、強く自粛してくださるようにお願いいたします。

イースターを顔と顔を合わせて祝うことができないことは断腸の思いです。また未だ先が見えず、深刻さが増している中で、私たちは慣れ親しんできたかたちでの礼拝を捧げることはできません。しかし、このような緊急時、非常時であるからこそ、また信仰が問われている時であるからこそ、大切なことが明らかにされてゆきます。私たちは、信仰と祈りによって互いに結ばれていることを大切に今その確信を心に深く刻みたいのです。そして引き続き、不要な外出を避けること、手洗いや消毒等の感染防止対策を徹底して実施すること、社会的な距離を保つことを継続してゆかれることを切にお願いいたします。

共に祈りを合わせてまいりましょう。日本聖公会では、4月12日(日)の復活日の正午、それぞれの置かれた場所で「主の祈り」を共にすることを提案しておられます。日本福音ルーテル教会も、この祈りに祈りを合わせたいと思います。感染症に罹った方々が一日も早く回復されますように。また医療従事者の お働きが守られますように。生活上の不安や困難を余儀なくされている方々が支えられますように。ご逝去された方々の魂に平安がありますように。悲しみの内にある方々に天来の慰めがありますように。この危機の収束のために希望の神に私たちは祈りを合わせてまいります。

主イエスが十字架の上で息を引き取られた時、弟子たちやマグダラのマリアはじめ婦人たちは計り知れない喪失感と深い悲しみ、心を引き裂かれるような思い、深い後悔の念を味わい、ただ独り暗闇に放り出されたような恐怖と孤独感に襲われました。すべてが終わったと思われたのです。しかし、それらすべては主のご復活によって打ち崩されました。私たちは復活の光の中に置かれています。ディディモのトマスも復活の主のリアリティによって変えられました。その力と恵みを信じて今ここに生きることを、復活された主は私たちに望んでおられます。イエスこそ私たちの希望です。私たちのために世に来られ、よみがえられた主イエス・キリストの御名を讃美いたします。ただ神の御心が成りますように。 シャローム。

PDFはこちらからご覧ください。